スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

APECジュニア会議が開幕=世界平和や環境・貧困を議論-広島(時事通信)

 15年ぶりに今年、日本で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)の一連の会議に向けて、広島市で22、23日の2日間、第1回高級事務レベル会合(SOM1)が開かれる。これに合わせ、参加各国・地域の青少年が通商や貿易を根底で支える世界平和について議論する「APECジュニア会議」が20日、同市の平和記念資料館で開幕した。
 開会式では、秋葉忠利市長が核廃絶に向けた取り組みや被爆者の思いなどを紹介し、「ジュニア会議は皆さんにとって貴重な経験となるでしょう」とあいさつした。
 ジュニア会議はAPEC参加21カ国・地域のうち19カ国・地域から集まった青少年で組織。期間中は被爆者の体験談も聞き、世界平和をはじめ環境や貧困問題について議論を交わす。23日の最終日には宣言を採択しSOM1議長に手渡す予定。 

【関連ニュース】
〔終戦特集〕太平洋戦争の歴史を振り返る
元特攻隊員に64年ぶり被爆手帳=長崎湾の魚雷艇、「証拠なく苦労」
核軍縮で共同宣言へ=「非保有国には使用禁止」
「もったいない」で地球守ろう=マータイさん、原爆資料館視察
長崎の高校生ら、核廃絶アピール=「不幸知らねば」と署名相次ぐ

ACSA交渉開始を確認=岡田外相、ラッド豪首相と会談(時事通信)
<普天間移設>「ベストを探す」首相が強調(毎日新聞)
万引きで女性を誤認逮捕=容疑の女と酷似、裏付け不十分-都内のスーパーで・警視庁(時事通信)
いじめ動画放置、グーグルに有罪判決…イタリア(読売新聞)
<入国審査汚職>収賄側の元審査官、起訴内容認める 初公判(毎日新聞)
スポンサーサイト

<自民党>野田聖子議員、総裁選出馬に意欲(毎日新聞)

 自民党の野田聖子衆院議員(49)=比例東海ブロック=は18日、和歌山市で演説し、同党の次期総裁選に「女性代表で出ようかと思う」と、出馬に意欲を示した。谷垣禎一総裁を「物足りない」と批判、「もっと元気のある力で、党を再生するのではなく新生させなくてはいけない」と訴えた。

 今夏の参院選に出馬する元夫の鶴保庸介参院議員(43)=和歌山選挙区=の後援会集会で演説した。野田氏は、「舛添(要一・元厚生労働相)さんが出る出ると言われているけど、ええ年ですから。小池(百合子・元防衛相)さんにはちょっと休憩してもらって」などと党内の有力者に触れたうえで、「女性議員のなかで党歴は私が断トツ。“長老”として、意志をもって真剣に勝負していきたい」と語った。演説後の取材には、「総裁選のことはジョークだ。まじめな話ではない」とはぐらかした。

 鶴保氏については「大好きで政治家として尊敬できる」とし、元夫婦の漫才師をもじって「永田町の『京唄子、鳳啓助』として、皆さんに幸せと笑いをもたらしたい」などと述べた。【山下貴史】

【関連ニュース】
衆院代表質問:首相挑発に乗らず 谷垣氏「予算、密室で」
衆院代表質問:「鳩山政権は小沢独裁」…谷垣氏が追及
谷垣自民総裁:定年制厳守を3氏に通告…将来見直しは含み
自民党:谷垣総裁、山崎拓氏と会談 非公認を直接伝える
谷垣総裁:消費税10%以上必要

トカラ列島で震度3(時事通信)
県産米粉を使ったパンを販売=熊本〔地域〕(時事通信)
<裁判員裁判>米子強殺で初公判 被告、殺害認め強盗は否認(毎日新聞)
京都の春彩る「京おどり」の衣装合わせ(産経新聞)
日曜はダメよイタリア約80都市が自動車一斉締め出し(レスポンス)

普天間、県内移設の可能性も示唆=官房長官、沖縄知事と会談(時事通信)

 沖縄県を訪れている平野博文官房長官は20日午前、同県の仲井真弘多知事と県庁で会談した。米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設問題について、仲井真知事が「私は県外移設がベストのつもりでお願いしている。それが政府に伝わっていないのではないか」と述べたのに対し、平野長官は「常にベストを求めていくが、ベターになるかもしれない」と応じ、県内移設となることもあり得るとの見通しを示唆した。
 また、仲井真知事がキャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市)への移設案が政府内で検討されているかどうかをただしたのに対し、平野長官は「全くのゼロベースで、政府として米国と内々に交渉していることはない」と述べた。 

【関連ニュース】
沖縄連絡分室を視察=平野官房長官
普天間陸上案は非現実的=自民・谷垣氏
地元・米・連立の壁=シュワブ陸上案、課題山積の折衷策
非公式打診を否定せず=普天間、シュワブ陸上案
シュワブ陸上案の問題点指摘=前原沖縄相

株券弁済計画は合意できず=黒い金には損出せない-債権譲渡で優遇か・トランス社(時事通信)
社民の反対「不愉快」=国民新・下地氏(時事通信)
公務員法改正案 閣議決定 人件費、定数削減先送り(産経新聞)
エビ養殖詐欺、元幹部に無罪=「故意認められず」-東京地裁(時事通信)
絵本画家の瀬川康男氏死去(時事通信)

雑記帳 「新潟おでん」売り出しに市民らが新組織発足(毎日新聞)

 「2(ふー)」が三つ並ぶ2月22日は「ふーふーふー」と息を吹きかけて食べる「おでんの日」。新潟の市民グループが日本記念日協会に登録し、この日、新潟おでんを売り出そうと「越乃おでん会」を結成した。

 披露された新潟おでんは佐渡産の焼きあごを使った特製だし汁に、南蛮エビしんじょう、地鶏のつくね、絹揚げなど、海の幸、山の幸に恵まれた新潟の特産品を盛り込んだ7品で構成。

 おでんといえば、練り物の本場・神奈川県小田原市などが有名だが「日本一を決めよう」と11年のおでんの日に新潟で味比べをすることに。ふーふー(夫婦)のように円満な解決となるか。【黒田阿紗子】

【関連ニュース】
異物混入:おでんパックにカッターの刃 埼玉のスーパーで
偽計業務妨害:おでんパックにカッターの刃--埼玉のスーパー
しぞ~かおでんフェア:全国のおでん味わって 50店が出店 静岡、あすまで /静岡
おでんde電車:大好評 予約殺到、連日運行へ--京阪・石山坂本線 /滋賀
針混入:スーパーで購入のおでんから見つかる--千葉 /千葉

産廃の不法投棄 罰金最高3億円 環境省改正案(産経新聞)
鳩山首相、2011年度子ども手当「当然満額」(読売新聞)
約3万体のひな人形=徳島県勝浦町〔地域〕(時事通信)
「全く存じ上げない」=北海道教組の資金提供-小林議員(時事通信)
48歳男、17日に再逮捕=強盗殺人や死体損壊など4容疑で-千葉大生殺害(時事通信)

<シー・シェパード>メンバー移送、海上保安庁に引き渡しへ(毎日新聞)

 南極海の調査捕鯨船「第2昭南丸」に反捕鯨団体「シー・シェパード」の男性メンバーが乗り込んだ問題で、水産庁は19日、このメンバーを同船で日本に移送して、海上保安庁に引き渡す方針を明らかにした。

 水産庁によると、第2昭南丸はメンバーを拘束した後、調査船団を離れ日本に向かっている。3月中旬ごろに到着する見通し。メンバーは日本への移送に同意しているという。

 政府は、海上保安庁で事情聴取し、国内の司法手続きに沿って刑事処分を行うかどうか判断する方向で調整している。【奥山智己】

【関連ニュース】
シー・シェパード:「日本の法廷で闘う用意」
シー・シェパード:メンバー刑事処分を協議へ 調査船侵入
シー・シェパード:抗議船が日本の調査船と接触 南極海
調査捕鯨船妨害:衝突のSS船長から事情聴取 NZ当局
シー・シェパード:保護したメンバー、海保が事情聴取へ

YKK AP製ドアポストで事故=小1男児が手の甲切る-消費者庁(時事通信)
<普天間移設>沖縄県連も提案へ 民主議員が意向(毎日新聞)
民主党に政策立案機関設置要請(産経新聞)
母親殺害容疑で58歳長男を逮捕 東京・葛飾区(産経新聞)
<無国籍難民訴訟>退去強制処分は違法 東京地裁判決(毎日新聞)

千葉大女子学生放火殺人、容疑の男を強盗殺人と放火で再逮捕へ(産経新聞)

 千葉県松戸市で昨年10月、マンションの一室が焼け、この部屋に住む千葉大園芸学部4年、荻野友花里さん=当時(21)=が殺害された事件で、千葉県警松戸署捜査本部が、荻野さんのカードで現金を盗んだ窃盗容疑で再逮捕された住所不定、無職、竪山辰美容疑者(48)が、荻野さんを殺害し部屋に放火した疑いが強まったとして、勾留(こうりゅう)期限となる17日にも、強盗殺人と現住建造物等放火の容疑で再逮捕する方針を固めたことが15日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、竪山容疑者は昨年10月21日、荻野さんの胸などを包丁で刺して殺害。キャッシュカードを奪ったうえ、翌22日、荻野さんの部屋に火を付けた疑いが持たれている。

 竪山容疑者はこれまでに、事件の一連の状況を記した上申書を捜査本部に提出。記載通りの場所から包丁と、血痕のついたTシャツなどが発見されていた。

 また、荻野さんの遺体の首に巻かれていたストッキングから得られたDNA型が竪山容疑者のものと一致。発見されたTシャツの血痕のDNA型は荻野さんのものと一致していた。

 竪山容疑者は、同県内の女性に対する強盗強姦未遂罪などで逮捕、起訴されており、先月末には、荻野さんのキャッシュカードから現金2万円を下ろした窃盗容疑で再逮捕されていた。

【関連記事】
千葉大女子学生放火殺人 Tシャツの血痕から荻野さんのDNA型
ATM男、別の強盗致傷容疑で男を送検 千葉大女子学生放火殺人
鳥取連続不審死 運転手死亡めぐり海岸捜索
証拠不同意 弁護側の姿勢に疑問の声 秋葉原無差別殺傷
「残虐極まりない犯行」懲役30年を求刑 大阪、京都の3人刺傷裁判

<平野官房長官>こっそり東京離れる…危機管理担当で異例(毎日新聞)
西武新宿線で運転見合わせ 作業用列車とトラック接触(産経新聞)
混迷深まる普天間移設 各党案提示を先送り(産経新聞)
異常気象どうして? バンクーバー、雪不足深刻 ワシントン、大雪の原因は?(産経新聞)
<火災>住宅の一室焼け、女性死亡 大阪・西成(毎日新聞)

<桜の開花日>木・金に集中…なぜ? 東京、気象会社分析(毎日新聞)

 最近の東京での桜の開花日が1週間の木、金曜日に集中していることが、民間気象会社ウェザーマップ(東京)の杉江勇次・気象予報士の分析で分かった。関東地方の他都市でも同様の傾向があった。経済活動を反映し、週の後半は他の曜日より気温が高いといい、都市化が開花を促している可能性がある。

 杉江さんは94~09年、東京での桜の開花日と、この間の3月の最低、最高、平均の各気温を曜日ごとに調べた。

 それによると、開花したのは木曜日に5回、金曜日に4回と全体の約6割を占めた。土曜日は3回で、日~水は2回以下だった。各気温とも週後半が高く、平均気温の場合、最も高かった金曜日は最低の月曜日を0.95度上回った。

 08年までの29年間の気温を解析した藤部文昭・気象研究所室長の分析でも、都市部では週の前半が低く、後半が高いことが確認。平日と土日では東京で0.2度、大阪で0.1~0.15度の差があった。

 他都市の開花日では、横浜や静岡、神戸が東京と同じように木、金曜日での割合が高かった。しかし、名古屋は月曜日、大阪は火、水曜日が最多で、福岡は曜日間に目立った差はなかった。

 杉江さんは「都市部では車やオフィスから排出された熱がたまり、木~金曜日が気温のピークを迎えるのだろう。これが開花に影響しているのではないか」と推測し、「都市間の違いがどこに起因するのかは分からない」としている。

 桜の開花に詳しい永田洋・三重大名誉教授(樹木生理学)の話 面白い着眼点だ。開花は、日射で温められる芽の温度によって左右される。日射との関係を調べるといいかもしれない。【江口一】

【関連ニュース】
【桜開花予想】都心3月24日ごろ 気象庁撤退、民間会社に
【特集】写真で見る各地のさくら便り2010
【特集】さくら情報
<桜開花予想>ウェザーマップが新規参入
<御室桜>クローン技術での増殖に成功 京都の仁和寺の桜 

<名古屋新年度予算案>6年ぶり1兆円超(毎日新聞)
「小沢氏から2度入党要請」田村参院議員(読売新聞)
暴力団の入居排除へ 港区のビル所有者が協議会(産経新聞)
雑記帳 雇用対策でアイスづくり 千葉・市原(毎日新聞)
郵便不正公判 村木被告の指示否定 元部下証言 凛の会元会長と省内で面会 (産経新聞)

石巻3人殺傷 元交際相手の少年ら2人、監禁容疑で逮捕(毎日新聞)

 宮城県石巻市清水町1、南部かつみさん(46)方で10日朝、男女3人が男に刃物で殺傷された事件で、県警石巻署は同日午後、南部さんの次女沙耶(さや)さん(18)を車で連れ去った元交際相手で石巻市の解体工の少年(18)を同市内で発見。一緒にいた同県東松島市の無職少年(17)とともに、未成年者略取と監禁容疑で現行犯逮捕した。沙耶さんは左足に軽いけがをしていたが、無事だった。

 逮捕容疑は、10日午前6時40分ごろ、南部さん方から沙耶さんを無理やり車で連れ出し、監禁したとしている。元交際相手の少年は「おれは関係ない」と容疑を否認し、無職少年は「一緒に連れ出し監禁した」と供述しているという。

 この事件では、南部さんの長女美沙さん(20)と、沙耶さんの友人で石巻市の高校生、大森実可子さん(18)が胸などを刺されて出血性ショックで死亡。友人の建設作業員の男性(20)が重傷。県警は元交際相手の少年が3人を殺傷した可能性が高いとみて、無職少年も殺傷にかかわったかなどを調べる。逮捕時、2人は血痕のようなものが付いた刃物を持っていた。

 県警によると、沙耶さんは元交際相手の少年からたびたび暴力を受け、09年2月~今年1月、県警石巻署に6回相談に訪れた。事件前夜にも家に来た少年に暴力をふるわれて110番。10日に被害届を提出することを決めたという。同署は少年に2回警告していたといい、記者会見した阿部信三郎県警刑事部長は「対応に問題はなかったと考えている」と述べた。【鈴木一也】

【関連ニュース】
石巻2人刺殺:逃走した18歳少年ら2人逮捕、女性は無事
女児連れ去り:中3逮捕 未成年者略取容疑 名古屋
連れ去り:車内の乳児、5分後に屋外で保護 名古屋
連れ回し:知人女性と3人の娘を車で 24歳男逮捕 広島
兵庫・小野の男児遺棄:実母が控訴--大阪高裁

<殺人>3人刺され女性2人死亡、少年?逃走…宮城・石巻(毎日新聞)
ソフト会社実質経営者ら有罪=高額配当うたい詐取-大阪地裁(時事通信)
今尾の左義長 燃え上がる炎に無病息災祈る…岐阜・海津(毎日新聞)
<糸島市長選>旧前原市長の松本嶺男氏が初当選(毎日新聞)
「50歳」 まだまだ現役 明石のプラネタリウム(産経新聞)

税制改革案も参院選公約に 自民・石破氏が表明(産経新聞)

 自民党の石破茂政調会長は17日午前の記者会見で、将来の消費税率引き上げを含む税制の抜本改革案と経済成長戦略案などを取り入れた経済政策を、夏の参院選に向けた党の政権公約(マニフェスト)に書き込む方針を明らかにした。党経済政策調査会(与謝野馨会長)などで議論し、5月の大型連休明けにも発表する。

 税制改正について石破氏は「単に消費税を上げる上げないに議論を特化すべきでない」と指摘し、所得税や法人税、金融政策など、税制の全体像を示す必要性を強調。「自民党は消費税を上げる政党とレッテルを貼られないために、政策を提示し、財政の健全化に道を開きたい」と述べた。

 また成長戦略に関する新たな特命委員会(塩崎恭久座長)を新設し、4月中に結論を得る方針も示した。

【関連記事】
税制改革議論の3月開始には慎重 官房長官「タイミングは微妙」
郵政改革素案 巨大公社化は許されない
藤井氏の辞任契機に脱・財務省? 予算審議でも後ろ盾失う
菅vs竹中“天敵”が火花 「需要か供給か」で論戦
たばこ1箱600円!? 厚労省Vs財務省の攻防も

振り込めグループ6人逮捕=同様手口の被害2億円-兵庫県警など(時事通信)
在校途中から「女児」に切り替え=性同一性障害の小2児童-埼玉(時事通信)
<東京都議会>元議員3人の政調費公開、領収書写しすべても(毎日新聞)
中川氏、前途多難 政界再編へ勉強会 自民は冷めた反応(産経新聞)
近ツー元社員、詐欺罪で起訴=旅行積み立て装い7億円-大阪地検(時事通信)

「小沢氏起訴を」 市民団体が検審に申し立て(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、小沢氏を政治資金規正法違反(虚偽記載)罪で告発していた東京都内の市民団体が12日、東京地検特捜部が不起訴処分としたのは不当として、小沢氏を起訴するよう東京第5検察審査会(検審)に申し立てた。昨年施行の改正検察審査会法では「起訴相当」の議決が2度出された場合、検察の判断に関係なく起訴することを定めており、検審の判断が注目される。

 特捜部は4日、陸山会が平成16年10月に東京都世田谷区の土地を購入した際、土地代金の原資4億円を収入として政治資金収支報告書に記載しなかったなどとして、衆院議員の石川知裕被告(36)ら小沢氏の現・元秘書3人を規正法違反罪で起訴。小沢氏については「公判で共犯としての有罪判決を得るだけの証拠はない」として、嫌疑不十分で不起訴としていた。

 市民団体は申し立ての中で、「事件は政治資金の流れについて国民に多くの疑惑を抱かせており、社会的影響は大きい。検察庁の判断は国民目線に立っておらず、不起訴は到底納得できない」と述べ、小沢氏を起訴するよう求めている。

 検審は検察の不起訴処分が妥当かを国民が審査する機関。有権者の中からくじで選ばれた11人の審査員で構成される。兵庫県明石市の花火大会事故では、検審が先月、明石署元副署長について2回目の「起訴相当」を議決し、初めて「強制起訴」されることが決まっている。

【関連記事】
北沢防衛相「きちんと本人が身の処し方を定めた」 石川被告の民主党離党で
鳩山首相、石川議員離党は「熟慮重ねた重い結論だ」
石川議員 離党はけじめにならない
小沢氏、改めて形式的なミスを強調
石川議員、民主党離党へ 「小沢氏は反対しない」民主党幹部

雑記帳 建設会社が「わさびチョコ」発売(毎日新聞)
新型インフル特需で手指殺菌消毒剤市場4倍に―富士経済(医療介護CBニュース)
同居高齢者、朝・昼は3割が「孤食」―練馬区が調査(医療介護CBニュース)
「裁判所も謝罪を」菅家さん冤罪の説明求める(読売新聞)
裁判員判決は懲役17年=「犯罪抑止、重い刑を」-70歳男、猫餌やり口論殺人(時事通信)

入学者ゼロで新年度?兵庫の法科大学院(読売新聞)

 姫路独協大法科大学院(兵庫県姫路市)が1月末に行った2010年度入試で、合格者が出なかったことがわかった。

 現在、再募集を検討しているが、入学者ゼロのまま新年度を迎える異例の事態になる可能性もある。学内では11年度以降の募集停止についても検討されており、撤退が決まれば、04年度に一斉開学した法科大学院で初のケースとなる。

 同大学は1月30、31日に入試を実施。定員20人に対し受験者は3人で、全員が合格基準に満たなかった。近く教授会で再募集に踏み切るかどうかを決める。

 再募集について、吉崎暢洋・法務研究科長は「日程は厳しいが考えたい」とするが、「(撤退も)検討せざるを得ない」としている。

 文部科学省によると、同大学の新司法試験の合格者数は過去4回で計3人と、全国に74校ある法科大学院で最少という。

<鳥取連続不審死>運転手遺体発見現場の海岸捜索(毎日新聞)
波元会長に懲役18年求刑=「空前の大規模詐欺」と検察側-「円天」事件、来月判決(時事通信)
有料老人ホーム、27%増の3400施設―厚労省調査(医療介護CBニュース)
都内、沖縄で不動産取得=小沢氏、預貯金はゼロ-衆院資産公開(時事通信)
鳩山首相答弁要旨 衆院予算委(産経新聞)

<全国建設工事業国保組合>本部に立ち入り検査…都と厚労省(毎日新聞)

 建設業者や造園業者など28業種の従事者で構成される「全国建設工事業国民健康保険組合」(東京都中央区、組合員約9万2000人)の徳島県支部(徳島市)で無資格の加入者が多数見つかった問題で、東京都と厚生労働省関東信越厚生局は9日、同組合本部に立ち入り検査をした。10日も実施する予定。

 都などは先月末、徳島県支部へ立ち入り検査をしたが、他支部でも無資格加入者がいないか確認する必要があると判断した。

 国民健康保険法では、健康保険組合に加入できるのは同業者と規定されているが、同組合の徳島県支部では、内部調査などで建設関係以外の無資格者が多数加入している実態が判明していた。【江畑佳明】

【関連ニュース】
無保険:高校生救済7月に開始 対象は1万人 厚労省通知
協会けんぽ:10年度の保険料率大幅上昇、地域格差も拡大
全建国保:多数が無資格加入、都など徳島県支部を検査
国保保険料:08年度収納率は88% 過去最低
無保険の子:短期保険証1161人届かず 厚労省調査

知人の57歳男を指名手配=新聞配達員の女性殺害で-山梨県警(時事通信)
無人島「1億1万円」…入札18組の夢と現実(読売新聞)
「普天間拒否」の稲嶺名護市政スタート 反米闘争勢力の拠点(産経新聞)
<新潟水俣病>和解へ国と初の事前協議 阿賀野患者会(毎日新聞)
将棋棋王戦、佐藤が先勝(産経新聞)

成果・不満・悲鳴…「平成の大合併」終盤へ(読売新聞)

 国の主導で11年にわたって続いた「平成の大合併」が、最終コーナーを回った。新合併特例法の期限が3月末で切れる。

 1999年3月に3232あった自治体は、ほぼ半減し1730になる見通しだ。自治体の行財政基盤の強化や地方分権を進める目的で始まり、一定の成果は上げた。

 しかし、大阪府より広い市が出現するなど、広域化による周辺部の衰退も懸念される。三位一体の改革で地方交付税も絞られ、不満と悲鳴も聞こえてくる。塗りかわった日本地図の明暗は――。

 ◆10年がかり

 1~3月に“駆け込み”的に実施される合併は23件。近畿では、滋賀県で1月1日に長浜市と周辺6町による新「長浜市」が発足した。

 合併協議は2000年、琵琶湖の北にある長浜市と周辺12町が参加して始まった。途中4町が離脱、06年2月にまず長浜市と2町が合併した。残る6町は独自合併も検討したが「“弱者連合”ではやっていけない」と判断、長浜市への編入が決まり、10年がかりの<縁談>はようやくまとまった。前後半に分かれた合併期間のうち、後半の5年で同市は合併自治体数が最も多い。

 3月21日に対等合併で「近江八幡市」となる同県安土町では、織田信長ゆかりの「安土」の名が消えることに町民が猛反発。合併を進めた前町長が解職され、出直し選では合併に反対する住民団体代表が初当選した。さらに、推進派の多い町議会の解散の是非を問う住民投票も14日に行われる。合併そのものは覆らないが、将来、再び分離をめざす動きもある。

 ◆周辺は過疎化

 合併した自治体のそろばん勘定はどうか。

 1市2町7村が集まり、日本一広い市になった岐阜県高山市は、大阪府や香川県より広い。中学生まで医療費を無料とするなど、住民サービスの底上げを図った。だが、市域の多くは山地で人口は市中心部に集中し、周辺部の過疎・高齢化が課題になりそうだ。

 安土町のように、知られた地名が埋没する例も。静岡市清水区となった旧清水市は、清水次郎長の存在がかすみ、次郎長をあしらった土産物の売れ行きも陰り気味という。「日本のハワイ」といわれた鳥取県羽合町は湯梨浜(ゆりはま)町に。夏に職員がアロハシャツで迎える姿は変わらないが、町全体で「ハワイ」を売り出す機運は「いまひとつ」という。

 三位一体改革のため「はしご」を外された格好になり、財政計画の見直しを迫られた自治体も。04年に合併した長崎県対馬市は新規事業はやめ、継続事業の終了計画延長を迫られた。同市の担当者は「あんなに早く歳入不足になるとは、『話が違う』という印象だった」と振り返る。

 一方、全国町村会(東京)には、合併済み自治体から「子どもの医療費の基準を統一できた」「人件費が削減できた」などの声も寄せられている。

 ◆ひと息つく

 地図出版大手の「昭文社」(東京都)では、例年の改訂に、合併による地名や公共施設名の変更作業が重なり、05~06年のピーク時には、社員は残業の連続だった。“合併特需”は、期待通りとはいかなかったが、同社の広報担当者は「これまで、原稿作りや確認で本当に忙しかった。ようやくひと息つけそうです」と話していた。平成の大合併 地方自治体の効率的な行財政などを目指すため、国は1999年に「市町村の合併の特例に関する法律」を改正(旧特例法)、合併特例債の発行などさまざまな特典も用意して合併を促した。期限の2006年3月末までに581件の合併が成立。同法は10年3月まで延長され(新特例法)、さらに59件がまとまった。今月1日には市と町が同数の784になった。

 ◆平成の大合併=地方自治体の効率的な行財政などを目指すため、国は1999年に「市町村の合併の特例に関する法律」を改正(旧特例法)、合併特例債の発行などさまざまな特典も用意して合併を促した。期限の2006年3月末までに581件の合併が成立。同法は10年3月まで延長され(新特例法)、さらに59件がまとまった。今月1日には市と町が同数の784になった。

途上国に太陽光ランタン、日本のNGOら寄贈(読売新聞)
<救急隊誤判断>「死亡」と引き揚げ…男性、警察で目開ける(毎日新聞)
<大雪>脱出作業7日夕終わる 新潟の車100台立ち往生(毎日新聞)
トヨタ社長会見の一問一答(時事通信)
トヨタのリコール、米に冷静対応求める…国交相(読売新聞)

日本ビクター、海外事業で不適切会計(読売新聞)

 東証1部上場の音響機器メーカー「JVC・ケンウッド・ホールディングス」(横浜市)は8日、傘下の日本ビクターの海外事業で不適切な会計処理が判明し、2005年3月期以降の5年間について、JVC・ケンウッドと日本ビクターの決算を訂正すると発表した。

 訂正される損失額は約170億円に上る。証券取引等監視委員会は、有価証券報告書などに虚偽の記載があったとして、金融商品取引法に基づき、課徴金を科すよう金融庁に勧告する方針。

 JVC・ケンウッドは09年9月中間期決算で、欧州での事業縮小に伴う損失として、76億円を計上した。しかし、監視委が昨年12月、同社への調査に着手すると、同社は1月4日、弁護士ら外部の専門家らによる調査委員会を設置して再検討を開始。その結果、スペインやドイツにある日本ビクターの販売子会社で未計上の販売促進費や、回収不能の販売代金が見つかり、不適切な会計処理を続けていた実態が判明した。JVC・ケンウッドは76億円についても過去にさかのぼって計上し直す方針で、訂正される損失額は計170億円に上るという。同社の河原春郎会長は8日の記者会見で「株主、投資家など多くの関係者に深くおわびを申し上げる」と謝罪した。

 JVC・ケンウッド・ホールディングスは08年10月に、日本ビクターとケンウッドが統合して設立した持ち株会社。

小沢氏進退で駆け引き…民主、党内抗争の兆し(読売新聞)
<お灯まつり>山から滝のように流れる炎 和歌山県新宮市で(毎日新聞)
<文科省>108大学に留意事項 専任教員不足など改善を(毎日新聞)
わざわざ大阪に転居、夫婦が生活保護不正受給(読売新聞)
枝野氏が行政刷新相に正式に就任(産経新聞)

首相動静(2月10日)(時事通信)

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。(了)

<ハイチ大地震>陸自隊員34人が首都に到着 PKO1次隊(毎日新聞)
朝青龍引退の号外、驚きの声(読売新聞)
<オリックス・小瀬選手>宮古島のホテルで転落死(毎日新聞)
遺族がコメント発表 山本病院の患者死亡(産経新聞)
内閣支持率低下「真摯に受け止める」 鳩山首相(産経新聞)

150億円?ローソン子会社専務ら不正流用(読売新聞)

 ローソンは9日、連結子会社「ローソンエンターメディア」の代表取締役専務と経理担当取締役が不正に資金を流用していたと発表した。

 被害額は最大約150億円に上るという。

収賄容疑で福岡県元副知事を逮捕、県町村会から100万円(産経新聞)
南硫黄島北海域で白煙=海底火山活動か-3管(時事通信)
副知事室で現金手渡し=県庁など捜索-町村会汚職・福岡県警(時事通信)
雪だるま 歓迎の49個壊される 北海道旭川(毎日新聞)
格調高く詩的な「アリサ」達 10年ぶり東京で「彫刻・朝倉響子展」(産経新聞)

子ども手当で政府批判=石破自民政調会長(時事通信)

 自民党の石破茂政調会長は3日午前の記者会見で、2011年度以降の子ども手当をめぐり、政府内で満額支給を見直すべきだとの意見が出ていることについて「こういう病理現象が起こっているのは、無理やり政府・与党が一体だということで、きちんとした議論が行われていない今の政権の在り方の問題だ」と述べた。 

【関連ニュース】
給油終結「正当性なし」=自民政調会長
「囲碁やって忙しいのか」=自民政調会長、小沢氏を批判
首相は「無定見、無責任」=石破自民政調会長インタビュー
米は鳩山政権相手にせず=石破自民政調会長
返済猶予法案「おかしい」=自民政調会長

大仁田氏「ファイヤー」連発!号泣も…長崎県知事選告示(スポーツ報知)
漁船位置情報に空白=銃撃時間帯に数時間-北海道・海保(時事通信)
<缶飲料>岐阜産使い「静岡茶」表記…製造会社を行政指導(毎日新聞)
<大雪>JR中央線高尾-大月間の上下線で運転見合わせ(毎日新聞)
「ずさんな物品購入」発覚=5年間で427件、総額1億円-農水省(時事通信)

関学大入試で出題ミス、全員を正解へ(産経新聞)

 関西学院大(兵庫県西宮市)は3日、同日午後に実施された教育、理工両学部の化学の一般入試で出題ミスがあり、うち39人が受験した広島会場で訂正の告知漏れがあったと発表した。同大学はこの出題を受けた受験生計661人全員を正解扱いとした。

 同大学によると、出題ミスがあったのは分子の形状を問う設問で、語群から空欄に形容詞や名詞を選択する形式。試験開始後に問題作成者がミスに気付き、広島以外の7会場では試験時間中に訂正が告知された。

【関連記事】
京都女子大、一般入試の日本史で出題ミス
同志社女子大、入試の日本史で出題ミス
滋賀県立大で出題ミス
専修大入試で出題ミス 17人を追加合格
法科大学院入試で出題ミス 東北大
東大院入試 外国語で出題ミス 108人全員正解

宮城県で震度4(時事通信)
センバツ出場・花咲徳栄ショック!卒業生がグラブ盗んで逮捕(スポーツ報知)
女性配達員殺される=首に絞められた跡-山梨(時事通信)
「きぼうを使い尽くせる」=宇宙基地運用延長に日本側-月探査断念「影響少ない」(時事通信)
連続不審死、35歳女を逮捕=会社員男性殺害の疑い-練炭自殺装う・埼玉県警(時事通信)

首都圏連続不審死 木嶋容疑者を送検へ(毎日新聞)

 首都圏の連続不審死事件で、埼玉県警は2日、交際していた大出嘉之さんを練炭自殺にみせかけて一酸化炭素中毒死させたとして殺人容疑で逮捕した木嶋佳苗容疑者(35)をさいたま地検に送検する。拘置先の川越署には早朝から多くの報道陣が詰めかけた。

 地検は裁判所に木嶋容疑者の拘置を求め、裁判所が木嶋容疑者の弁解を聞いて拘置するか決める。裁判所の決定は3日になる見通し。県警によると、木嶋容疑者は殺人容疑を否認しているという。

【関連ニュース】
連続不審死:高級店巡ってブログ…木嶋容疑者
埼玉連続不審死:殺人容疑で女再逮捕へ 県警2月初めにも
首都圏連続不審死:大出さん殺害現場物色か 車Uターンも
連続不審死:「セレブ生活」貯金ゼロ…木嶋容疑者
連続不審死:埼玉の事件、35歳女を殺人容疑で再逮捕

免許取り立て、納車の翌日…車、コンビニに車突っ込む(産経新聞)
<水俣病>救済方針案の年齢制限に反対 未認定患者団体(毎日新聞)
宇宙産業で合同ミッション=アフリカに初の売り込み(時事通信)
<伏見稲荷>恒例「初午大祭」…家内安全、商売繁盛を祈願(毎日新聞)
押尾被告、3月に公判前整理=保護責任者遺棄致死-東京地裁(時事通信)

小沢氏事務所から2000万円押収 東京地検 保管経緯など解明へ(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部が小沢氏の個人事務所を家宅捜索した際、現金2千万円を発見、押収していたことが28日、関係者への取材で分かった。紙幣の発券番号などから、現金が保管された経緯などを解明することが狙いとみられる。

 現金2千万円が見つかったのは、東京都港区の個人事務所の金庫とみられ、特捜部が13日に政治資金規正法違反容疑の関連先として捜索した際、発見したもようだ。小沢氏の自己資金か政治資金かは不明という。

 小沢氏が任意聴取後の23日に行った説明によると、同事務所の金庫には一時、小沢氏の自己資金約5億6千万円が保管されており、事件の舞台となった土地の購入時の平成16年10月時点では、4億数千万円が残っていたという。このうち4億円を土地代金の原資に充てたとしている。

<米アカデミー賞>「ポニョ」「ATOM」ノミネートされず(毎日新聞)
<大雪>JR中央線高尾-大月間の上下線で運転見合わせ(毎日新聞)
<首都圏連続不審死>木嶋容疑者、50人以上にメール(毎日新聞)
営業委託先に「実体なし」=携帯充電器マルチ商法-大阪府警(時事通信)
常盤薬品社長、ストーカー規制法違反容疑(読売新聞)

充電器マルチ NPO運営、信用高める 逮捕の幹部ら 被災者支援PR(産経新聞)

 携帯電話のコイン投入式充電器がマルチ商法で販売されていた特定商取引法違反事件で、「MMS」(現・メディアクロス、大阪市)の実質経営者、友田龍生容疑者(37)らが、自然災害の被災者支援などを目的としたNPO法人を運営していたことが28日、関係者の話で分かった。活動資金はMMSの売り上げが充てられていたとみられ、大阪府警は、慈善事業をPRして顧客の信用を高めようとしていたとみている。

 このNPO法人は「ライフ・ボート・プロジェクト」(大阪府箕面市)。関係者によると、平成16年に任意団体として発足し、18年にNPO法人に移行。活動内容は「犯罪被害者への経済支援や災害被災者支援」となっている。

 元社長の石川和孝容疑者(52)は16年から代表を務め、NPO法人化するとともに理事長に友田容疑者が就任、石川容疑者や今西博章容疑者(39)らが一時副理事を務めていた。

 ホームページも作成しており、18年のジャワ島中部地震や19年の新潟県中越沖地震で現地にメンバーを派遣し、義援金を寄付したことなどを写真付きでPRしていた。NPO法人では携帯電話充電器の取り扱いはしていなかったとみられるが、MMSの関係者によると、顧客に寄付を呼びかけるなどしていたという。

 府警は28日、友田容疑者ら7人を特定商取引法違反容疑で大阪地検に送検した。

【関連記事】
携帯マルチ 「設置遅れは第3世代携帯への対応が原因」と説明
摘発の携帯電話充電器販社元社長「資金繰りでマルチ商法にシフト」
「マンション投資より儲かる」携帯電話充電器マルチ商法
売り上げ190億円 携帯充電器マルチ商法、幹部ら逮捕
「ネット仮想空間で確実な収入」 マルチ会社に業務停止命令

被告が判決で舌打ち・ため息、裁判員「残念」(読売新聞)
秋葉原無差別殺傷 あす初公判 責任能力、どう判断(産経新聞)
<名古屋地裁>裁判員が守秘義務違反 会見で評議内容明かす(毎日新聞)
大阪でもホッピー人気に(産経新聞)
<訃報>新開庸晃さん76歳=TOTO特別顧問、元副社長(毎日新聞)

足湯いいね~ ほっこり観戦 大阪国際女子マラソン(産経新聞)

 女性ランナーが浪速路を走る「2010大阪国際女子マラソン」(31日、日本陸上競技連盟、産経新聞社など主催)の発着点となる大阪市東住吉区の長居陸上競技場メーンゲート周辺に30日午前、フルマラソンの距離にちなんだ42・195メートルの「マラソン足湯」がお目見えした。

 レース当日、競技場周辺で多彩な催しが開かれる「スノーワンダーランド」の一環。兵庫県新温泉町の湯村温泉から運び込んだ源泉約20トンのかけ流しで、同時に約150人が利用できる。30日は約1時間だけ試験的に設けられ、学生らが「温かくて気持ちいい」などと堪能した。

 スノーワンダーランドは31日午前10時半から午後3時半まで。足湯のほか、雪遊びができる広場「スノーランド」やグルメコーナー「逸品縁日DX」、「スタンプラリー」などがある。

<火災>群馬で店舗全焼…焼け跡から遺体(毎日新聞)
<東京都議補選>島しょ部で自民勝利、小沢幹事長問題影響?(毎日新聞)
<小沢幹事長>「米国でも黒人選んでまで…」 あいさつで(毎日新聞)
川内原発事故、1人死亡=点検中に火花、負傷6人-鹿児島(時事通信)
大阪でもホッピー人気に(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。